「井出洋介名人の実戦麻雀」専用コントローラ・USB化

1 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はファミコンの「井出洋介名人の実戦麻雀」専用コントローラをUSB化する改造です。
とはいえ、既にここで取り掛かってる方がいらっしゃいましたので、今回は掲載しないつもりでした。


ところが!!
Image089_.jpg
Image088_.jpg
製造時期によって形状も内部構造、回路も大幅に異なる事が判明しました。
たもさんの所は金メッキ接点版(下)でしたので、私のほうは炭素接点版(上)の改造に取り掛かります。


Image084_.jpg
USBキーボードTK-U12FYの基板を取り出し、LEDを外します。

Image020__.jpg
次にコンデンサを外し、基板を切り詰めます。

Image022_.jpg
キーボード基板を収める為、麻雀コントローラボディ底を削ります。

Image019___.jpg
麻雀コントローラ基板の実装部品を写真の状態まで外します。

Image031_.jpg
配線し、麻雀コントローラの基板にキーボード基板を取り付けます。USBケーブルはいつもの金メッキケーブルを使用。

Image032_.jpg
完成です。麻雀ゲームは殆どしないんですけどねw


ページトップ