FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

コントローラ研究室

各種入力装置の研究・改造を行っていきます

スピタル・プログラマブルジョイスティック改造 

スピタル産業追悼記念?として、
PS1初期に発売された「プログラマブルジョイスティック」を改造する事にしました。





Image107_.jpg
ボディは薄型で比較的好みです。レバーは三和製。ボタンはスピタル製?


Image108_.jpg
このボタンが問題で、端押しが異常に重く、引っかかって戻らない事も、、
そこで今回はボタンを三和ボタンに交換する事にします。


Image109_.jpg
内部写真。ボタンは基板直付けです。ボタン基板を外そうかと思いましたが、
ダイオードが付いてましたので、基板から線を引き出す形での改造とします。


Image111_.jpg
ゴム足は劣化して粘着位置がずれてたり、硬化してました。


Image118_.jpg
そこでゴム足をネジ止め式に交換します。材料は写真の通り。


Image124_.jpg
鋼板に4mm穴を開けてネジ止め。


Image112_.jpg
レバー取り付け部。このスティックはシャフトが若干短くなるマウント位置でしたので、
ノアール筐体と同じシャフト長さになるように調整します。


Image121_.jpg
削る量は1mmジャスト。


Image113_.jpg
ノアール筐体と同じシャフト長さになりました。レバーボールはダークグレーに交換し、
シャフトカバーも被せる事にします。


Image124a_.jpg
レバーシャフト用の穴は細いので、シャフトカバーを付けると干渉します。


Image126_.jpg
そこで、レバーシャフト穴を広げてやります。今回はφ24で開けました。


Image119_.jpg
コマンドボタンはφ25で、三和のφ24ボタンを取り付けるとグラグラするので、
しっかり固定できるように1mmアルミ板で固定金具を作ります。穴はφ24。


Image120_.jpg
このように取り付けます。


Image122.jpg
ボタン基板に配線し、ファストン化も行います。ボタンは三和OBSF-30K/DH
OBSF-30K OBSF-24Kを使用。


Image123.jpg
基板裏面は絶縁の為、ビニールテープを貼ります。


Image125_.jpg
完成です。
スポンサーサイト



Posted on 10:18 [edit]

category: 改造

Page top△

コメント

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://erwin1.blog64.fc2.com/tb.php/19-2d99208a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△