FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

コントローラ研究室

各種入力装置の研究・改造を行っていきます

ビートマニアIIDX専用コントローラのボタンをボディサイズを変えずに業務用ボタンに換装 

ビートマニアIIDX専用コントローラ
http://www.amazon.co.jp/dp/B0002M2UAO

ビートマニア関連のコントローラとしては3作目の製品。
ボタンが業務用と同じ形状になり、スクラッチの操作感は良好。
しかし、ボタンがマイクロSWでない為、ふにゃふにゃした押し心地であるのと、
端押しに弱く、引っかかりやすい問題があります。

そこでボタンを業務用のボタン(三和電子製OBSA-45UK)に換装します。
普通に換装しただけなら他サイトで作例もありますから記事にはしないのですが、
今回の重要ポイントは

・本体の底上げをせず、薄型ボディの中に業務用ボタンを収める
(デザインを崩さず操作性を向上する改造がこのサイトのウリである為)
・業務用ボタンの操作感を維持する
・ボタンユニットの反転機能も可能にする

です。
本体より業務用ボタンのほうがぶ厚いのにどうやってボディに収めるのか?
その答えは後ほどw

それでは改造を始めます。


Image138_.jpg
ボタンユニットボディ上部のボタン枠モールドを削り、
業務用ボタンを差し込めるようにします。


Image139_.jpg
基板は写真のように穴を開けます。丸穴はφ24です。
ここで気付いたかと思いますが、薄型ボディに業務用ボタンを収める方法の答えとして
マイクロSWの取り付け位置を変更する事にしました。取り付け位置の変更による操作性の低下はありません。
縦長の穴がマイクロSWを置く穴となります。


Image140_.jpg
ボタンユニットボディ下部も写真のように穴を開け、マイクロSWが当たる部分は1.5mmほど彫ります。


Image142_.jpg
ボタンボディは写真のようにφ7穴を開けました。
穴の先から見えるボタンキャップ底部にφ5.5高さ4mmの丸棒を取り付けます。
この丸棒がマイクロSWのプランジャを押す役割になります。


Image143_.jpg
ボタンユニットボディ上部に業務用ボタンを取り付けたところ。
スクラッチユニット接続端子を覆う部分を写真のように削ります。


Image144_.jpg
基板裏は写真のように配線し、線が遊ばないように接着剤で固定しました。


Image146_.jpg
基板とマイクロSWをボタンユニットボディ上部に取り付けます。
ファストン端子で接続し、ワンタッチスリーブを使いました。
マイクロSWをどうやって固定するかで相当悩みましたが、
解決策としてφ3のメタルシャフトを通す事を思いつきました。
これとボディの挟み込みでマイクロSWはがっちりと固定されます。
メタルシャフトとマイクロSW接点NOは接触しますので、
接点NOをGNDとします。


Image137_.jpg
照光には興味ないのでランプホルダは使わない予定でした。
しかし、ランプホルダがバネの片はみ出しを防ぐ役割があるのと、
写真右のように加工する事で、ボタンキャップのツメの保護の役割も果たします。
照光は今回はしませんでしたが、薄型ボディのこの改造でも可能です。


Image147_.jpg
ボタンユニット下部ボディを被せ、ネジとプラスチックナットを締めランプホルダを取り付けます。
4ボタンの左右の端のランプホルダの端子は半分ほどカットしました。
ワンタッチスリーブを使う事でかなりすっきりとした感じになりましたし、
プラスチックナットにも当たらない絶妙な配置ですw


Image149_.jpg
スクラッチユニットとボタンユニットを横から見たところ。


Image141_.jpg
スクラッチユニットのボタンユニットを収める部分を写真のように穴を開け、
底は1.5mmほど彫ります。


Image148_.jpg
完成です。ボタンユニットの反転も可能です。


マイクロSWの配置でかなり悩み、当初の予定から10年ほど経ってしまいましたが、うまくいきました^^
スポンサーサイト



Posted on 20:18 [edit]

category: 改造

Page top△

コメント

sys #- | URL | 17:53 | edit

すいません

失礼しますが、配線についてもっと詳しく教えて頂けないでしょうか?

Erwin #Qi8cNrCA | URL | 01:01 | edit

>>sys様
プロフィール欄に記載のあるように写真を見てどのような改造をしていったか理解できる人向けです。
今回、配線に関しては説明しなければならないほど特殊な事は何もしておりません。

 # |  | 21:24 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 07:54 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mono #BWgGc7Fk | URL | 02:32 | edit

ボタンキャップから丸棒でプランジャを押すという発想に感動しました。
その手があったか!という思いです。
底板をそれぞれ1.5mm削ってまで入れるのはホントギリギリという感じで、もう職人芸ですね。

ところで、マイクロスイッチを固定するにあたって天板側からはどこで押さえているのでしょうか。
マイクロスイッチが斜めになってプランジャの反対側が天板と接触しているのでしょうか?
是非この記事を参考に照光まで漕ぎ付けたいと思っておりますので、助言を頂ければ幸いです。

Erwin #Qi8cNrCA | URL | 07:29 | edit

>>mono様
上下のボタンユニットのボディでマイクロスイッチを挟み込むので斜めにはなる事はないのですが、念の為天板の裏側に角棒を切断したものを接着し、切断角棒とプランジャの反対側が接触するようにしてます。

mono #BWgGc7Fk | URL | 00:12 | edit

お返事ありがとうございました。
どのくらい先になるかわかりませんが、照光化まで完成した暁にはこちらの報告させて頂きますね。

 # |  | 12:33 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いすみ #/yuoliXs | URL | 06:19 | edit

すごいサイトですね…
徹夜明けのテンションでたまたま気まぐれに「べラボースイッチ」で検索してここに辿り着いた(さほど興味があったわけではありません)のですが、自分が趣味でやっているIIDXコンの記事があったので拝見した次第です。
他の方々による改造例では平気で底に穴を開けたり、更に高さも変えたりするところをこのコロンブス的発想で解決していて、全く素晴らしいです。パズルのようなものとしてお楽しみなのでしょうね。
乱文失礼しました。御健勝を。

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://erwin1.blog64.fc2.com/tb.php/22-bb157f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△