FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

コントローラ研究室

各種入力装置の研究・改造を行っていきます

ベラボースイッチ特集2(ベラボースイッチ製作) 

今回ではいよいよベラボースイッチの製作に取り掛かります。


Image409_.jpg
Image4111__.jpg
と、その前に基板とボタンを接続する専用ハーネス(1.3m)を作っておきましょう。
ハーネスに関しては材料のみ記載
コネクタ:モレックス 5239-03
ターミナル:モレックス 5167
電線:東日京三電線 AWM1007 VW-1 24AWG
平形接続ターミナル: JST LTO-01T-110N
ビニールスリーブ: ニッセイエコ ST110-25-23-15.5 (6mmカットして使用)
収縮チューブ(収縮させずに使用):スミチューブF2(Z) 3φX0.25(リール品)
シール:適当



アルカディア掲載方式のベラボースイッチはサイズが大きく、スイッチの耐久性にも難があります。
これに対し、今回製作の方式(以下Erwin方式)は上記の問題を解決する方式です。
また作動力・ストロークも純正と同じようにしました。

Image392_.jpg
ベースとなるスイッチはオムロンのリードスイッチのB2R-G1です。このサイトではおなじみの品です。
加工前に改めてB2R-G1のストロークを測定してみたのですが、
驚いたことにスイッチオンのストローク差の個体差が結構大きいです。
なので、B2R-G1は複数個用意し、スイッチONまで3.4mmのスイッチを選定して下さい。
これができない場合はスイッチONまで3.4mmになるようにリード管をずらしてはんだ付けし直す作業が必要になります。


Image396_.jpg
B2R-G1を針2本使って爪を広げ、爪を折らないように分解をします。パーツ構成はこんな感じです。


Image413.jpg
Image414.jpg
針2本のかわりにピンセットの先を鋭く平らに加工し(平刀のような先端形状)、分解用の工具を作ると作業性がアップします。


Image395_.jpg
パネは純正と同じ作動力にするためにソテック株式会社のCS 0.26-4-17(右)を使用しました。


Image393_.jpg
プランジャは赤い部分を0.55mm削ります。


Image391_.jpg
リード管は増設用の分は端子を外します。


Image399_.jpg
インナーケーシングは下の部分に端子を通す為の穴を開けます。


Image400_.jpg
普通に穴を開けるのはだるいので、ホットナイフの先に使わない端子を差して熱して穴を開けると楽です。


Image401_.jpg
1本目(中央)のリード管は下の端子を外します。2本目のリード管は1本目より上1.0mmずらし、右に接着します。
右側の端子は1本目のリード管に接触しないように切断します。
余った端子を折り曲げ&切断し、2枚前の写真で開けた穴に通します。端子の飛び出し量が他の端子の飛び出し量と同じになる様に調整してください。
あとはリード管と端子をはんだ付けし、端子を差しこんだ部分にはエポキシ接着剤を流し、端子がぐらつかないようにします。


Image398_.jpg
このように端子が飛び出します。


Image403_.jpg
あとは組み立ててスイッチ完成。


Image405_.jpg
裏側に3つ目の端子があります。


Image379__.jpg
OBSN-30RGはボディ側の加工のみです。写真中の赤い部分を1.1mm削ります。


Image406_.jpg
Erwin方式ベラボースイッチの完成です。(SD-BSR01)リードスイッチですので、チャタリングが発生しにくく、長寿命です^^


Image410_.jpg
ハーネスを接続すればこうなります。


Image407_.jpg
Image402_.jpg
ナムコφ28ボタンにはボディやキャップに一切の加工をする事がなく取り付け可能です。
(ボタンボディの底に敷く中敷きを作ってセットするだけ)
材質は0.25mmのPET板。寸法がφ25.0、内穴はφ18です。
これが本来の狙いでした。ベラボースイッチにはナムコボタンがベストマッチですからね。










Image408_.jpg
<おまけ>

自分用に特別バージョンも製作しました。(SD-BSR01S)これはプランジャを削らずバネもB2R-G1のをそのまま使ってるので、B2R-G1と完全互換があります。つまり、ベラボーマン以外のゲームも違和感なくできますし、
配線変更で、通常のB2R-G1よりオンまでのストロークが1.0mm短いショートストローク仕様にもなります^^
スポンサーサイト



Posted on 09:02 [edit]

category: 改造

Page top△

コメント

 #- | URL | 09:37 | edit

はじめまして。
詳細な制作解説ありがとうございます。
まんま真似させていただき20ウン年ぶりのボタンぶったたきを満喫しています(バーチャルコンソール専用ですが…)。

らくすけ #- | URL | 13:58 | edit

凄い!

ヘラボースイッチがネックとなって基板購入に踏み切れませんでしたががんばれそうです。ありがとうございます!!

Erwin #Qi8cNrCA | URL | 01:48 | edit

>>名無し様
無事完成できましたか? というか、VCAはベラボースイッチ対応ですかね??

>>らくすけ様
基板購入の際はI/Oボードが付属してる物を購入するようにしてくださいね。

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://erwin1.blog64.fc2.com/tb.php/34-c58ebbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△